FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


秋ですね

自分で入れたアドオンの所為で火狐さんで記事が書けなくなってましたっていうのが2、3週間くらい前。(既に解決済み)

その後は今まで意味不明な意地で禁書は見ないぞ!俺は絶対見ないからな!と自分で自分に言っていたよくわからない宣言を撤回して見てしまっていました。2年ももったことを褒めるべき

Before

禁書?厨二病も大概にしとけよ。なんか主人公パッとしないし。



After

俺も学園都市行きたいわ!上条△です^p^



というわけでそのことを何故話すことになったか理由は忘れたけど神奈川の友人に話したら、

『じゃあ10月に富山帰るからそのとき禁書貸してやるよ』

今までも飯をちょくちょく奢ってもらってましたが正直このときが一番太っ腹だと思いました。


それから3日くらい経って

いつ帰ってくるんだよ、おせぇよ!このとき確か10月3日くらい具体的な日にちは何日の何時ごろなんだ、いつまで我慢すればいいんだああああああああああああああああああもう我慢の限界だ、俺は買うぞ!


ってことで禁書をまとめて購入。大人買い。言いたかっただけ。


そういうわけで現在読書の秋を満喫しております。
数年に一度読書の秋症候群が襲ってきて、それにかかると1ヶ月で10冊~くらい読みます。
そうでない年は年に1,2冊くらい。差が激しい。



うん、全くVISIONに関係ない話だった。
だって他県行ったり仕事だったりレポートだったりプレゼンだったりでやる相手も時間もないんですもの・・・



禁書買うにあたってe-honを利用したのですが、





「すみません、e-honで頼んだんですが」

『はい、少々お待ちください』

がさごそとレジの奥を漁ってきて、

『こちらでよろしかったでしょうか』

「はい・・・(アレッ」

普通中身が何かわからないようになっているはずだが、それには

文庫本
文庫本
文庫本
文庫本
文庫本
文庫本
文庫本
文庫本
文庫本
文庫本
文庫本

と黒マジックで大きく書いてある文庫本より少し大きめの紙が貼られており、おいおい何の嫌がらせだよ、これ。とよく見ると値段を間違っていたようでそれの詳細が書かれていた・・・。

そして、

『会計ー円になります』

「あ、すみません、まだ荷物があると思うんですが・・・」

『えっ、あ、はい少々お待ちください』

既にダンボール1箱分なのにまだあるのかよと軽く引かれる。

『こちらでよろしいでしょうか』

もう1箱ダンボールを持ってきて、おいおいまじかよこいつ的な目で見られる。
当然そこにも文庫という文字が縦にびっしり書かれた紙が貼り付けてあった。

「はい、ありがとうございます」

そこへ暇そうにしていた恐らくバイトであろう学生らしき人がダンボールを袋に詰めるのを手伝いに来て
文庫本とびっしり書かれたの紙を見て、

「・・・・・・・・・」

俺は何も見ていない、ただこれを袋に詰めるだけだみたいな顔をして袋に入れてくださいましたありがとうございます。

                              文庫本
そして会計を済ませ半透明な袋から透けて見える文庫本の紙を晒しつつ俺は帰った。
                              文庫本
                              文庫本

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://thvision5.blog79.fc2.com/tb.php/135-6cf1a342
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。