FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


プライバシーなんて無かった

一人暮らし始めてもう3ヶ月目になりまして、
それだけ暮らしていれば物も増えてくるわけでして、
まず飾られたのがミクと咲夜さんのタペストリー。
次にシャナの等身大(何故か俺よりでかい)タペストリー。
そして先日雨の中天使天使とぶつぶつ言いながら近隣の書店を彷徨いゲットした天使ちゃん抱き枕(半裸≦イラスト≦全裸)
そこら中に散らばる禁書禁書禁書禁書禁書禁書ゼロ使禁書禁書禁書ry

そして今日、頭痛に悩まされながら晩飯どうしようと考え帰ってきた先には

誰かが入った形跡がある。

誰?何しに?馬鹿な、タペストリーなどは出しっ放しだぞ・・・

親かと考えたが痕跡を見ると違う。うちの親は俺が食べきれないことを知っているのでバナナは買ってこない。
つまり親ではなく、なおかつ鍵を持っている人物。

それは家が燃えたとき一時的にお世話になった人物、そしてアパート借りたらどうかと言ってきた人物、叔母である。



/(^o^)\


部屋に入られたのはこの際いい。自分で金払ってるわけじゃないしどうこう言えたわけではないのもわかる。
でも、プライバシーがないなら初めからそう言ってくれれば・・・鍵なんて何の意味もないなら初めからそう言ってくれれば・・・

まだ空き巣に入られた方が良かったと考えるのは間違っているんだろうか。
でも晩飯買ってきてくれてたのはありがとう。





あ、高確率で冬コミに行きます。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://thvision5.blog79.fc2.com/tb.php/136-9c4eb363
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。